3D SQUARE ロボットブログ

tom-iの趣味「二足歩行ロボット」を中心とした記事を紹介するブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

曲げと穴開けをしました

板金加工の要である曲げ加工と穴開け加工を始めました。
まずは曲げ加工ですが、これをやるには板金折曲げ機を使用しています。
robo567.jpg

上のように3種類の曲げ機を持っています。写真右下の小さいのがMicro-Mark社の「Mini Bending Brake」と言う物です。アメリカから輸入してゲットしました。小さいけれど結構重宝しています。写真右下の緑色のはBellmexの「ミニ板金機2-IN-1」です。しかし曲げ機自体の強度不足で中のギヤとかが欠けてしまっていますが、だましだまし使っています。残念ですがあまりお勧め出来ない曲げ機ですね。
で、最後に写真奥側の青いものはHOZANの「K-130板金折り曲げ機」です。これは使いこなすには一癖ありますが、慣れれば何とかなります。ノーマルのままでは不便なので色々と改造して使っています。
robo568.jpg

次は穴開けに使っているドリルの紹介です。これはHOZANの「K-21デスクドリル」と言う物です。PROXXONの「テーブルドリル」と色違いなので、どちらかがオリジナルでもう一方はOEMだと思います。テーブルにホームセンターで入手した木の端材を置いて使用しています。
ハンドドリルと違ってしっかりした円で穴が開けられるので今では必需品の一つになっています。
これらの工具を駆使して曲げ加工と穴開け加工をしました。
robo569.jpg

「加工しました」なんて簡単に書いていますが、実際には先に穴開けした方が良い部品と曲げた後に穴開けした方が良い部品とかを慎重に選んで作業しています。また、曲げ加工は一つの部品で複数ある場合、どの順番でどこを曲げるかを考えてやらないとうまく行きません。
加工するときは慎重に考えてからやりましょう。

ようやく少しづつですが形になってきました。でも完成まではまだまだです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。